パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 近畿地方の地震活動の特徴
  3. 兵庫県の地震活動の特徴

兵庫県の地震活動の特徴

 兵庫県に被害を及ぼす地震は、主に陸域の浅いところで発生する地震です。

  兵庫県とその周辺の主な被害地震(図をクリックすると拡大表示)
兵庫県とその周辺の主な被害地震  兵庫県の陸域の浅い場所で発生した地震の中で、歴史の資料によって知られている最も古い地震は、868年の地震(M7.1)です。この地震では、播磨諸郡の官舎や諸定額寺の堂塔が倒れるなどの被害が生じました。活断層調査などにより、この地震は山崎断層帯の活動によるものと考えられています。慶長伏見地震とも呼ばれる1596年の地震(M7 1/2)は有馬−高槻断層帯の活動によるものと推定されています。兵庫県内では、この地震により神戸や有馬などで多くの家屋が全壊しました。
 「平成7年(1995年)兵庫県南部地震」(M7.3)では、六甲・淡路島断層帯の一部である野島断層で地表にずれが生じました。この地震では、神戸市や宝塚市などで震度7が確認され、京阪神で死者6,434名などの被害が生じました。
 この他、県北部沿岸の城崎付近では、1925年に北但馬地震(M6.8)が発生し、震源付近を中心に、県内で豊岡市城崎での火災などによって死者421名などの被害が生じました。この地震により、円山川河口付近の地表の一部にずれを生じました。
 1927年の北丹後地震(M7.3)のように周辺地域の浅い場所で発生する地震や、1952年の吉野地震(M6.7、深さ約60km)のように沈み込んだフィリピン海プレート内で発生する地震、南海トラフ沿いに発生する巨大地震によっても兵庫県内で被害が生じたことがあります。また、「昭和58年(1983年)日本海中部地震」(M7.7)など日本海東縁部で発生する地震によって、津波による被害を受けたことがあります。
 兵庫県の主要な活断層は、県南西部に岡山県から延びる山崎断層帯、南東部には京都府・大阪府から延びる有馬−高槻断層帯があります。さらに、有馬−高槻断層帯の南側から淡路島にかけて六甲・淡路島断層帯が、淡路島南部には中央構造線断層帯(紀淡海峡−鳴門海峡)があります。また、大阪湾には大阪湾断層帯があります。県北部には、京都府から延びる山田断層帯があります。
 兵庫県周辺に震源域のある海溝型地震はありませんが、南海トラフで発生する地震や日本海東縁部で発生した地震で被害を受ける可能性もあります。淀川河口周辺や、瀬戸内海沿岸部の低地、豊岡や丹波の盆地部は、地盤がやや軟弱なため、周辺より揺れが強くなる可能性があります。
 瀬戸内海沿岸など県南部の24市町は、南海トラフの地震で著しい地震災害が生じるおそれがあり、「南海トラフ地震防災対策推進地域」に指定されています。また淡路島の2市は「南海トラフ地震津波避難対策特別強化地域」に指定されています。

  【 兵庫県周辺の主要活断層帯と海溝で起こる地震 】   【 兵庫県に被害を及ぼした主な地震 】
  【 確率論的地震動予測地図 】  【 リンク 】

○兵庫県周辺の主要活断層帯と海溝で起こる地震  [上に戻る]

地震 マグニチュード 地震発生確率
(30年以内)

【地震発生確率値の留意点】
海溝型地震
南海トラフ 南海トラフで発生する地震 8~9クラス 70%~80%
内陸の活断層で発生する地震
琵琶湖西岸断層帯 北部 7.1程度 1%~3%
南部 7.5程度 ほぼ0%
木津川断層帯 7.3程度 ほぼ0%
三方・花折断層帯 三方断層帯 7.2程度 ほぼ0%
花折断層帯 (北部) 7.2程度 不明
花折断層帯 (中南部) 7.3程度 ほぼ0%~0.6%
山田断層帯 主部 7.4程度 不明
郷村断層帯 7.4程度
もしくはそれ以上
ほぼ0%
京都盆地−奈良盆地断層帯南部
(奈良盆地東縁断層帯)
7.4程度 ほぼ0%~5%
有馬−高槻断層帯 7.5程度
(±0.5)
ほぼ0%~0.04%
生駒断層帯 7.0~7.5程度 ほぼ0%~0.2%
三峠・京都西山断層帯 上林川断層 7.2程度 不明
三峠断層 7.2程度 0.4%~0.6%
京都西山断層帯 7.5程度 ほぼ0%~0.8%
六甲・淡路島断層帯 主部 (六甲山地南縁−
淡路島東岸区間)
7.9程度 ほぼ0%~1%
主部 (淡路島西岸区間) 7.1程度 ほぼ0%
先山断層帯 6.6程度 ほぼ0%
上町断層帯 7.5程度 2%~3%
中央構造線断層帯 金剛山地東縁区間 6.8程度 ほぼ0%
五条谷区間 7.3程度 不明
根来区間 7.2程度 0.008%~0.3%
紀淡海峡-鳴門海峡区間 7.5程度 0.005%~1%
讃岐山脈南縁東部区間 7.7程度 1%以下
讃岐山脈南縁西部区間 8.0程度
もしくはそれ以上
ほぼ0%~0.4%
石鎚山脈北縁区間 7.3程度 0.01%以下
石鎚山脈北縁西部区間 7.5程度 ほぼ0%~12%
伊予灘区間 8.0程度
もしくはそれ以上
ほぼ0%
豊予海峡-由布院区間 7.8程度 ほぼ0%
山崎断層帯 那岐山断層帯 7.3程度 0.06%~0.1%
主部 (北西部) 7.7程度 0.1%~1%
主部 (南東部) 7.3程度 ほぼ0%~0.01%
草谷断層 6.7程度 ほぼ0%
大阪湾断層帯 7.5程度 0.004%以下
  (算定基準日: 2021年1月1日)


○兵庫県に被害を及ぼした主な地震  [上に戻る]

西暦(和暦) 地域(名称) 主な被害(括弧は全国での被害)
868年8月3日
(貞観10)
播磨・山城 7.1 播磨諸郡で家屋全壊多数。
1596月9年5日
(慶長1)
畿内(慶長伏見地震とも呼ばれる) 7 1/2±1/4 神戸、有馬、兵庫で家屋全壊多数。
1707年10月28日
(宝永4)
(宝永地震) 8.6 家屋全壊23棟。
1865年2月24日
(慶応1)
播磨・丹波 6 1/4 加古川上流で家屋破壊多数。
1916年11月26日
(大正5)
神戸 6.1 死者1人、負傷者5人、全壊家屋3棟。
1925年5月23日
(大正14)
(北但馬地震) 6.8 北部で被害。死者421人、負傷者804人、住家全壊1,275棟、同焼失2,180棟。
1927年3月7日
(昭和2)
(北丹後地震) 7.3 北部で被害。死者6人、負傷者85人、住家・非住家全壊80棟、同焼失4,640棟。
1944年12月7日
(昭和19)
(東南海地震) 7.9 負傷者2人、住家全壊3棟。
1946年12月21日
(昭和21)
(南海地震) 8.0 死者50人、負傷者91人、住家全壊330棟。
1952年7月18日
(昭和27)
(吉野地震) 6.7 死者1人、負傷者13人。
1995年1月17日
(平成7)
(平成7年(1995年)
兵庫県南部地震)
7.3 (死者6,434人、行方不明3人、負傷者43,792人、住家全壊104,906棟。)
2000年10月6日
(平成12)
(平成12年(2000年)
鳥取県西部地震)
→【地震本部の評価】
7.3 負傷者1人。
2004年9月5日
(平成16)
紀伊半島南東沖
→【地震本部の評価】
7.4 負傷者1人。
2013年4月13日
(平成25)
淡路島付近
→【地震本部の評価】
6.3 負傷者35人、住家全壊8棟(平成25年10月29日現在、消防庁調べ)。
2018年6月18日
(平成30)
大阪府北部
【地震本部の評価】
→平成30年6月18日公表
→平成30年7月10日公表
【リンク集】
6.1 負傷者42人、住家全壊1棟、住家半壊2棟(平成31年2月12日、消防庁調べ)。


○確率論的地震動予測地図  [上に戻る]

確率論的地震動予測地図(兵庫県)

 「今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」(評価基準日:2020年1月1日)
を示した地震動予測地図です。
 詳しい内容を知りたい方は、「全国地震動予測地図2020年版」をご覧下さい。
 全国地震動予測地図の詳細なデータや関連情報は地震ハザードステーション(J-SHIS)をご参照下さい。


○リンク  [上に戻る]

 地震動予測地図等

 長期評価等

 地震活動等

 津波評価等

  • 津波評価
    地震調査委員会では、津波予測の手順を標準化し、「波源断層を特性化した津波の予測手法(津波レシピ)」を公表しています。また、長期評価の結果と津波レシピをもとに、津波評価を進めています。
    • 津波予測手法
      「波源断層を特性化した津波の予測手法(津波レシピ)」についてのページです。
    • 南海トラフ沿いで発生する大地震の確率論的津波評価
      南海トラフ沿いで発生する大地震を対象に、長期評価の結果と津波予測の手順をもとに、公表時から30年以内に長期評価で想定される大地震が発生し、海岸の津波高がある高さ以上になる確率を評価した報告書です。

 地方自治体等

  • 神戸地方気象台
    神戸地方気象台のページです。兵庫県の被害地震の情報等を閲覧することができます。
  • 兵庫県
    兵庫県の防災のページです。地域防災計画等、様々な情報を閲覧できます。
  • 神戸市
    神戸市の防災のページです。


「近畿地方」に戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する