パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 東北地方の地震活動の特徴

東北地方の地震活動の特徴

下の地図および表から、みたい情報を選んでください。
 ( 県別 / 海溝型 / 活断層 / 表から選ぶ / 最近の地震活動 )

↑この図を拡大して見る

青森県》  《岩手県》  《宮城県》  《秋田県》  《山形県》  《福島県

【 ▼ 関東地方 】     【 ▲ 北海道地方 】


A: 三陸沖から房総沖の海溝寄り   B: 三陸沖北部   C: 三陸沖中部
D: 宮城県沖   E: 三陸沖南部海溝寄り   F: 福島県沖   G: 青森県西方沖
H: 秋田県沖   I: 山形県沖   J: 新潟県北部沖   K: 佐渡島北方沖

【 ▼ 関東地方 】     【 ▲ 北海道地方 】


 1: 青森湾西岸断層帯  2: 津軽山地西縁断層帯  3: 折爪断層
 4: 能代断層帯  5: 北上低地西縁断層帯  6: 雫石盆地西縁−真昼山地東縁断層帯
 7: 横手盆地東縁断層帯  8: 北由利断層  9: 新庄盆地断層帯
10: 山形盆地断層帯 11: 庄内平野東縁断層帯 12: 長町−利府線断層帯
13: 福島盆地西縁断層帯 14: 長井盆地西縁断層帯 15: 双葉断層
16: 会津盆地西縁・東縁断層帯 17: 花輪東断層帯

【 ▼ 関東地方 】     【 ▲ 北海道地方 】


地震 マグニチュード 地震発生確率
(30年以内)

【地震発生確率値の留意点】
海溝型地震







東北地方太平洋沖型 Mw8.4~9.0 ほぼ0%
三陸沖北部から房総沖
の海溝寄り
津波地震 Mt8.6~9.0前後 30%程度
(特定海域で7%程度)
正断層型 8.2前後
Mt8.3前後
4%~7%
(特定海域で1%~2%)
三陸沖北部 8.0前後
Mt8.2前後
3%~20%
繰り返し発生する地震以外の地震 7.1~7.6 90%程度
三陸沖中部 − 
宮城県沖 7.4前後 不明
   繰り返し発生する地震以外の地震 7.0~7.3 60%程度
三陸沖南部海溝寄り 7.9程度 ほぼ0%
   繰り返し発生する地震以外の地震 7.2~7.6 50%程度
福島県沖 7.4前後
(複数の地震が続発する)
10%程度





青森県西方沖 7.7前後 ほぼ0%
秋田県沖 7.5程度 3%程度以下
山形県沖 7.7前後 ほぼ0%
新潟県北部沖 7.5前後 ほぼ0%
佐渡島北方沖 7.8程度 3%~6%
内陸の活断層で発生する地震
青森湾西岸断層帯 7.3程度 0.5%~1%
津軽山地西縁断層帯 北部 6.8~7.3程度 不明
南部 7.1~7.3程度 不明
折爪断層 最大7.6程度 不明
能代断層帯 7.1程度以上 ほぼ0%
北上低地西縁断層帯 7.8程度 ほぼ0%
雫石盆地西縁−
真昼山地東縁断層帯
真昼山地東縁断層帯 (北部) 6.7~7.0程度 ほぼ0%
真昼山地東縁断層帯 (南部) 6.9~7.1程度 不明
雫石盆地西縁断層帯 6.9程度 不明
横手盆地東縁断層帯 北部 7.2程度 ほぼ0%
南部 7.3程度 不明
北由利断層 7.3程度 2%以下
新庄盆地断層帯  東部 7.1程度 5%以下
西部 6.9程度 0.6%
山形盆地断層帯 北部 7.3程度 0.002%~8%
南部 7.3程度 1%
庄内平野東縁断層帯 北部 7.1程度 ほぼ0%
南部 6.9程度 ほぼ0%~6%
長町−利府線断層帯 7.0~7.5程度 1%以下
福島盆地西縁断層帯 7.8程度 ほぼ0%
長井盆地西縁断層帯 7.7程度 0.02%以下
双葉断層 6.8~7.5程度 ほぼ0%
会津盆地西縁・東縁断層帯 会津盆地西縁断層帯 7.4程度 ほぼ0%
会津盆地東縁断層帯 7.7程度 ほぼ0%~0.02%
花輪東断層帯 7.0程度 0.6%~1%
  (算定基準日: 2017年1月1日)




トップページに戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する