パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 地震・津波の知識
  2. 用語集
  3. 海溝

海溝

細長い深海底の溝状の地形。両側の斜面が比較的急で、水深は通常6,000m以上のものを海溝と呼びます。 また、海溝に比べ浅く、幅が広いものを、トラフ(舟状海盆) と呼びます。

一般的には、プレートの沈み込み帯にあたり、山脈や弧状列島に沿って形成されています。トラフは、地形的な特徴が海溝ほど顕著ではないものの、構造・成因など基本的には海溝と同じです。ただし、沖縄トラフのように、大陸性の地殻が引っ張られて形成 される溝状の地形もあります。

日本の周辺には、太平洋プレートの沈み込みに伴って形成された日本海溝、千島海溝、伊豆・小笠原海溝や、フィリピン海プレートの沈み込みに伴って形成された南西諸島海溝、南海トラフ、駿河トラフ、相模トラフなどがあります。

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する