パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 内陸の活断層
  3. 砺波平野断層帯・呉羽山断層帯

砺波平野断層帯・呉羽山断層帯

 砺波(となみ)平野断層帯は、砺波平野の北西縁及び南東縁に位置する活断層帯です。また、富山平野の西縁には、活断層帯である呉羽山(くれはやま)断層帯が砺波平野断層帯に近接して分布しています。
 砺波平野断層帯は、砺波平野北西縁の富山県高岡市から南砺市に至る砺波平野断層帯西部と、砺波平野南東縁の富山県砺波市から南砺市に至る砺波平野断層帯東部からなります。また、呉羽山断層帯は富山平野西縁の富山市から富山湾まで達しています。
 砺波平野断層帯西部は、長さ約26kmで、概ね北東−南西方向に延びています。この断層帯は、断層の北西側が南東側に対し相対的に隆起する逆断層で、石動(いするぎ)断層と法林寺断層から構成されます。
 砺波平野断層帯東部は、長さ約21kmで、北北東−南南西方向に延びています。この断層帯は、断層の南東側が北西側に対し相対的に隆起する逆断層です。
 呉羽山断層帯は、長さ約22km以上で、概ね北北東−南南西方向に延びています。この断層帯は、断層の北西側が南東側に対し相対的に隆起する逆断層です。

※それぞれの図をクリックすると大きく表示されます。
 

隣接する邑知潟断層帯森本・富樫断層帯との位置関係図はこちら

 【 断層帯の過去・将来の活動 】  【 将来の地震発生の可能性 】  【 もしこの地震が発生したら 】  【 リンク 】

○断層帯の過去・将来の活動  [上に戻る]
<過去の活動>
 砺波平野断層帯西部のうち法林寺断層における平均的な上下方向のずれの速度は0.3−0.4m/千年程度以上であったと推定されます。法林寺断層の最新の活動は、約6千9百年前以後、1世紀以前であったと推定されます。法林寺断層の平均活動間隔は約6千−1万2千年もしくはこれらよりも短い間隔であったと推定されます。
 石動断層については過去の活動に関する資料は得られていません。
 砺波平野断層帯東部の平均的な上下方向のずれの速度は0.3−0.4m/千年程度であったと推定されます。最新の活動は、約4千3百年前以後、約3千6百年前以前であったと推定されます。平均活動間隔は3千−7千年程度であったと推定されます。
 呉羽山断層帯の平均的な上下方向のずれの速度は0.4−0.6m/千年程度であった可能性があります。最新の活動は、約3千5百年前以後、7世紀以前であった可能性があります。また、既往の研究成果による直接的なデータではありませんが、経験則から求めた1回のずれの量と平均的な上下方向のずれの速度に基づくと、平均活動間隔は3千−5千年程度であった可能性があります。
<将来の活動>
 砺波平野断層帯西部は、断層帯全体が1つの区間として活動する場合、マグニチュード7.2程度の地震が発生する可能性があります。その際に断層近傍の地表面では、断層の北西側が南東側に対して相対的に2m程度高まる段差や撓(たわ)みが生じる可能性があります。地震発生の長期確率には幅があるりますが、その最大値をとると、砺波平野断層帯西部は、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の主な活断層の中ではやや高いグループに属することになります。
 砺波平野断層帯東部では、全体が1つの区間として活動する場合、マグニチュード7.0程度の地震が発生すると推定されます。その際に断層近傍の地表面では、断層の南東側が北西側に対して相対的に1.5m程度高まる段差や撓みが生じると推定されます。地震発生の長期確率には幅がありますが、その最大値をとると、砺波平野断層帯東部は、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の主な活断層の中では高いグループに属することになります。
 呉羽山断層帯では、全体が1つの区間として活動する場合、マグニチュード7.2程度の地震が発生すると推定されます。その際に断層近傍の地表面では、断層の北西側が南東側に対して相対的に2m程度高まる段差や撓みが生じる可能性があります。地震発生の長期確率には幅がありますが、その最大値をとると、呉羽山断層帯は、今後30年の間に地震が発生する可能性が、我が国の主な活断層の中では高いグループに属することになります。

 詳しい内容を知りたい方は、「砺波平野断層帯・呉羽山断層帯の評価(一部改訂)」( html版 / PDF版(10MB) )をご覧下さい。


○将来の地震発生の可能性  [上に戻る]
≪砺波平野断層帯西部≫
 地震の規模  : M7.2程度
 地震発生確率: 30年以内に、ほぼ0%〜2% もしくはそれ以上  地震発生確率値の留意点
 地震後経過率: 0.2−1.2 もしくはそれ以上 地震後経過率とは?
 平均活動間隔: 約6000年−12000年 もしくはそれ以下
 最新活動時期: 約6900年前−1世紀

≪砺波平野断層帯東部≫
 地震の規模  : M7.0程度
 地震発生確率: 30年以内に、0.04%〜6%  地震発生確率値の留意点
 地震後経過率: 0.5−1.4  地震後経過率とは?
 平均活動間隔: 3000年−7000年程度
 最新活動時期: 約4300年前−3600年前

≪呉羽山断層帯≫
 地震の規模  : M7.2程度
 地震発生確率: 30年以内に、ほぼ0%〜5%  地震発生確率値の留意点
 地震後経過率: 0.3−1.2  地震後経過率とは?
 平均活動間隔: 3000年−5000年程度
 最新活動時期: 約3500年前−7世紀

 詳しい内容を知りたい方は、「砺波平野断層帯・呉羽山断層帯の評価(一部改訂)」( html版 / PDF版(10MB) )をご覧下さい。 。


○もしこの地震が発生したら  [上に戻る]

【「詳細法」・「簡便法」とは?】

≪砺波平野断層帯西部≫
【詳細法震度分布】 【簡便法震度分布】

≪砺波平野断層帯東部≫
【詳細法震度分布】 【簡便法震度分布】

≪呉羽山断層帯≫
【詳細法震度分布】 【簡便法震度分布】

 詳しい内容を知りたい方は、 「全国地震動予測地図」 をご覧下さい。

○リンク  [上に戻る]

 地震動予測地図等

 活断層評価等

 地震活動等

  • 毎月の地震活動の評価
    地震調査委員会による毎月(および臨時)の地震活動の評価です。
  • 主な地震活動の評価
    各地震活動について、これまでに公表された評価結果をとりまとめたものです。
  • 日本の地震活動 −被害地震から見た地域別の特徴− <第2版>
    全国の地震活動の概要と地震に関する基礎知識、そして、日本を北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国及び九州・沖縄に区分し、その地方の地震活動の概要をはじめ、その地域に被害を及ぼす地震のタイプ、これまでに発生した主な被害地震の概要、都道府県別(北海道は地域別)の特徴について書かれています。
  • 震源・震度に関する情報
    気象庁、防災科学技術研究所、大学などの地震観測データに基づく震源・震度に関する情報です。
  • 地震に関するパンフレット
    地震発生のしくみ、地震調査研究推進本部の取組などを解説した各種パンフレットです。

 地方自治体等

  • 富山地方気象台
    富山地方気象台のページです。富山県の気象・地震概況や主な被害地震等を閲覧することができます。
  • 金沢地方気象台
    金沢地方気象台のページです。石川県に大きな揺れがあった主な地震や気象・地震概況等を閲覧することができます。
  • 岐阜地方気象台
    岐阜地方気象台のページです。岐阜県の気象・地震概況等を閲覧することができます。
  • 富山県
    富山県の「富山防災WEB」です。地震・津波情報や地域防災計画等を閲覧できます。
  • 石川県
    石川県の消防防災webです。
  • 岐阜県
    岐阜県の「岐阜県総合防災ポータル」のページです。地震防災に関する様々な情報を閲覧できます。


「中部地方」に戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する