パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 海溝で起こる地震
  3. ひとまわり小さいプレート間地震(十勝沖及び根室沖)

ひとまわり小さいプレート間地震(十勝沖及び根室沖)

  千島海溝沿いの評価対象領域   (図をクリックすると拡大表示)
千島海溝沿いの評価対象領域  この領域では、M7以上の地震がほぼ記録されるようになったと考えられる1900年以降、M7.0またはMw7.0以上の地震は、十勝沖・根室沖のプレート間巨大地震、およびプレート内地震と同定したものを除いたものは8回発生しています。このうち、Global CMTカタログが整備された1976年以降の地震で、CMT解等からプレート間地震と判断され、ひとまわり小さいプレート間地震と同定された地震は、2003年9月26日(M7.1,Mw7.4)、2004年11月29日(M7.1,Mw7.0)、2008年9月11日(M7.1,Mw6.8)の3回です。2004年の地震では最大震度5強を観測し、54名の負傷者を伴いました。なお、1976年以前にも同規模の地震は発生していて、この規模で北海道内で死者が発生した記録は少ないのですが、1915年の地震(M7.0)では2名の死者を伴いました(宇佐美・他,2013)。

 【 将来の地震発生の可能性 】   【 リンク 】

○将来の地震発生の可能性  [上に戻る]
 地震の規模  : M7.0~7.5程度
 地震発生確率: 30年以内に、80%程度  地震発生確率値の留意点
 平均活動間隔: 20.5年
 最新発生時期: 2008年9月11日

 詳しい内容を知りたい方は、「千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第三版)」をご覧下さい。


○リンク  [上に戻る]

 地震動予測地図等

 長期評価等

 地震活動等

  • 毎月の地震活動の評価
    地震調査委員会による毎月(および臨時)の地震活動の評価です。
  • 主な地震活動の評価
    各地震活動について、これまでに公表された評価結果をとりまとめたものです。
  • 日本の地震活動 −被害地震から見た地域別の特徴− <第2版>
    全国の地震活動の概要と地震に関する基礎知識、そして、日本を北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国及び九州・沖縄に区分し、その地方の地震活動の概要をはじめ、その地域に被害を及ぼす地震のタイプ、これまでに発生した主な被害地震の概要、都道府県別(北海道は地域別)の特徴について書かれています。
  • 震源・震度に関する情報
    気象庁、防災科学技術研究所、大学などの地震観測データに基づく震源・震度に関する情報です。
  • 地震に関するパンフレット
    地震発生のしくみ、地震調査研究推進本部の取組などを解説した各種パンフレットです。

 地方自治体等

  • 札幌管区気象台
    札幌管区気象台のページです。北海道の地方別の地震活動図等を閲覧することができます。
  • 青森地方気象台
    青森地方気象台のページです。青森県の地震活動図等を閲覧できます。
  • 北海道
    北海道の危機対策局危機対策課のページです。災害情報や地域防災計画を閲覧できます。
  • 北海道立総合研究機構環境・地質研究本部地質研究所
    北海道立総合研究機構環境・地質研究本部地質研究所のページです。5万分の1地質図など、様々な研究成果を閲覧することができます。
  • 札幌市
    札幌市危機管理対策室のページです。地域防災計画や過去の災害記録、様々な情報を閲覧することができます。
  • 青森県
    青森県の「青森県防災ホームページ」です。災害情報や防災マップ、地震被害想定調査結果などを閲覧することができます。


「北海道地方」に戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する