パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 海溝で起こる地震
  3. 千島海溝沿いの沈み込んだプレート内のやや浅い地震

千島海溝沿いの沈み込んだプレート内のやや浅い地震

 千島海溝沿いでは、太平洋プレートの内部でも地震が発生しています。やや浅い地震(深さ50km程度、M8程度)は、1958年の地震(M8.1)と1994年の「平成6年(1994年)北海道東方沖地震」(M8.2)の2つが知られています。やや浅い地震は、約83年に1回の間隔で発生すると推定されていることから、今後30年以内に地震が発生する確率は30%程度と推定されています。また、発生する地震の規模はM8.2前後と推定されています。

 【 将来の地震発生の可能性 】  【 地震の過去の発生状況と被害 】  【 リンク 】

○将来の地震発生の可能性  [上に戻る]
 地震の規模  : M8.2前後
 地震発生確率: 30年以内に、30%程度  地震発生確率値の留意点
 平均活動間隔: 82.8年

 詳しい内容を知りたい方は、「千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第二版)」( html版 / PDF版(17MB) )をご覧下さい。


○地震の過去の発生状況と被害  [上に戻る]

発生年月日 地震の規模 被害等
1958年11月7日
(択捉島付近)
M8.1 釧路で震度5を観測した。津波の高さは歯舞諸島からウルップ島にかけて3〜5m程度、検潮記録では花咲で81cm、浦河で65cm、八戸で51cmの他、宮古で養殖のカキ棚が流出した程度であった。地震による被害は日本本土では釧路地方で鉄道の築堤変形2ヶ所、橋脚亀裂1箇所他の軽微なものであったが、択捉島などで被害が発生したと推定される。
1994年10月4日
(「平成6年(1994年)
北海道東方沖地震」)
M8.2 釧路と厚岸で震度6を記録したほか広い範囲で有感となった。被害は地震動によるものが大きかった。津波の高さは、国後島と色丹島で5〜10m(平均海面上の打ち上げ高)、宮古市で最大5m・根室半島から釧路にかけて3m(TP上の痕跡高)であった。地震動と津波による被害は負傷者435名、物的被害は住家全半壊77等であった。なお、北方四島でも津波の来襲により11名の死者を記録している。
 「千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第二版)」より

○リンク  [上に戻る]

 地震動予測地図等

 長期評価等

  • 長期評価 (千島海溝沿いの地震活動の長期評価(第二版)) ( html版 / PDF版(17MB) )
    千島海溝沿いの地震活動の地震の将来の発生の可能性についての評価です。

 地震活動等

  • 毎月の地震活動の評価
    地震調査委員会による毎月(および臨時)の地震活動の評価です。
  • 主な地震活動の評価
    各地震活動について、これまでに公表された評価結果をとりまとめたものです。
  • 日本の地震活動 −被害地震から見た地域別の特徴− <第2版>
    全国の地震活動の概要と地震に関する基礎知識、そして、日本を北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国及び九州・沖縄に区分し、その地方の地震活動の概要をはじめ、その地域に被害を及ぼす地震のタイプ、これまでに発生した主な被害地震の概要、都道府県別(北海道は地域別)の特徴について書かれています。
  • 震源・震度に関する情報
    気象庁、防災科学技術研究所、大学などの地震観測データに基づく震源・震度に関する情報です。
  • 地震に関するパンフレット
    地震発生のしくみ、地震調査研究推進本部の取組などを解説した各種パンフレットです。

 地方自治体等

  • 札幌管区気象台
    札幌管区気象台のページです。北海道の地方別の地震活動図等を閲覧することができます。
  • 北海道
    北海道の危機対策局危機対策課のページです。災害情報や地域防災計画を閲覧できます。
  • 北海道立総合研究機構環境・地質研究本部地質研究所
    北海道立総合研究機構環境・地質研究本部地質研究所のページです。5万分の1地質図など、様々な研究成果を閲覧することができます。


「北海道地方」に戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する