パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. 都道府県ごとの地震活動
  2. 中部地方の地震活動の特徴
  3. 富山県の地震活動の特徴

富山県の地震活動の特徴

 富山県に被害を及ぼす地震は、主に陸域の浅い場所で発生する地震です。

      富山県とその周辺の主な被害地震  (図をクリックすると拡大表示)
富山県とその周辺の主な被害地震  富山県の歴史の資料に現れる古い地震には、863年の地震(M不明)があります。この地震では富山県、新潟県に被害が生じ、山崩れや民家の倒壊などで多数の圧死者が出たといいます。津波被害があったかどうかは不明です。震源の位置が不明なため、陸域の浅い地震か日本海東縁部の地震かは分かりません。
 歴史の資料によって知られている陸域の浅い場所で発生した主な被害地震としては、1586年の天正地震(M7.8)と1858年の飛越地震(M7.0~7.1、飛騨地震とも呼ばれます)が知られています。1586年の天正地震では、現在の高岡市の南西にあった越中木船城で大きな被害があり、城主以下多数が圧死したとされています。1858年の飛越地震では、跡津川断層帯に沿う集落で特に大きな被害が生じました。それから離れるにしたがって、特に、南東側では急激に被害は小さくなります。家屋倒潰率80%を超えた10の集落はすべて跡津川断層帯に沿うところにあり、この断層で地震が発生したものと考えられます。富山平野東部では、多数の家屋倒壊、富山城の石垣などの破損や死者40~50名の被害が生じました。また、山崩れが多く発生し、中でも大鳶山・小鳶山の崩れ(立山鳶崩れ)は湯川や真川(常願寺川上流)をせき止め、その後の決壊で泥水・大木を押し流し、下流の村々は洪水になり、大きな被害が生じました。
 県内では、1933年の能登半島の地震(M6.0)や「平成19年(2007年)能登半島地震」(M6.9)、「平成19年(2007年)新潟県中越沖地震」(M6.8)などのように隣接する県の陸域で発生する地震によっても被害を受ける場合があります。1964年の「新潟地震」(M7.5)や「昭和58年(1983年)日本海中部地震」(M7.7)では、検潮所で津波が記録されていますが、数十cm以下であり、特に被害はありませんでした。
 富山県の主要な活断層は、砺波平野の西縁と東縁に砺波平野断層帯が、富山市の西方に呉羽山断層帯、石川県との県境から岐阜県にかけて庄川断層帯が、県南部の岐阜県との県境付近に、牛首断層帯跡津川断層帯があります。
 また、富山県周辺に震源域のある海溝型地震はありませんが、日本海東縁部で発生する地震で被害を受ける可能性もあります。

  【 富山県周辺の主要活断層帯で起こる地震 】
  【 富山県に被害を及ぼした主な地震 】  【 リンク 】

○富山県周辺の主要活断層帯で起こる地震  [上に戻る]

地震 マグニチュード 地震発生確率
(30年以内)

【地震発生確率値の留意点】
内陸の活断層で発生する地震
長野盆地西縁断層帯
(信濃川断層帯)
飯山−千曲区間 7.4~7.8程度 ほぼ0%
麻績区間 6.8程度 不明
糸魚川−静岡構造線断層帯 北部(小谷−明科)区間 7.7程度 0.008%~16%
中北部(明科−諏訪湖南方)区間 7.6程度 13%~30%
中南部(諏訪湖北方−下蔦木)区間 7.4程度 0.8%~8%
南部(白州−富士見山)区間 7.6程度 ほぼ0%~0.1%
境峠・神谷断層帯 主部 7.6程度 0.02%~13%
霧訪山−奈良井断層帯 7.2程度 不明
跡津川断層帯 7.9程度 ほぼ0%
高山・大原断層帯 国府断層帯 7.2程度 ほぼ0%~5%
高山断層帯 7.6程度 0.7%
猪之鼻断層帯 7.1程度 不明
牛首断層帯 7.7程度 ほぼ0%
庄川断層帯 7.9程度 ほぼ0%
邑知潟断層帯 7.6程度 2%
砺波平野断層帯・
呉羽山断層帯
砺波平野断層帯 (西部) 7.2程度 ほぼ0%~2%
もしくはそれ以上
砺波平野断層帯 (東部) 7.0程度 0.04%~6%
呉羽山断層帯 7.2程度 ほぼ0%~5%
森本・富樫断層帯 7.2程度 2%~8%
魚津断層帯 7.3程度 0.4%以上
  (算定基準日: 2017年1月1日)


○富山県に被害を及ぼした主な地震  [上に戻る]

西暦(和暦) 地域(名称) 主な被害
863年7月10日
(貞観5)
越中・越後 不明 (山崩れ、住家損壊、湧水あり、圧死多数。)
1586年1月18日
(天正13)
畿内・東海・東山・北陸諸道(天正地震) 7.8
(8.2とする
文献もある)
高岡市南西部の木船城が崩壊し、圧死者多数。
1858年4月9日
(安政5)
飛騨・越中・加賀・越前(飛越地震。飛騨地震とも呼ばれる。) 7.0~7.1 常願寺川の上流が堰止められ、後に決壊して、死者140人、家屋倒壊及び同流失1,612棟、大山町で山崩れによ り死者36人。
1891年10月28日
(明治24)
(濃尾地震) 8.0 越中で家屋全壊2棟。
2007年3月25日
(平成19)
(平成19年(2007 年)能登半島地震)
→【地震本部の評価】
→【リンク集】
6.9 負傷者13人。
2007年7月16日
(平成19)
(平成19年(2007年)
新潟県中越沖地震)
→【地震本部の評価】
→【リンク集】
6.8 負傷者1人。


○リンク  [上に戻る]

 地震動予測地図等

  • 全国地震動予測地図
    「全国地震動予測地図」 のページです。
  • 地震ハザードステーション(J−SHIS)
    防災科学技術研究所の地震ハザードステーション(J−SHIS)です。地震動予測地図の各種地図の閲覧、数値データ等のダウンロードが可能です。
  • 長周期地震動予測地図
    将来ある特定の地震が発生した際に生じる長周期地震動の揺れの強さや性質を予測した地図です。
  • 強震動評価
    ある特定の震源断層に着目して、そこで地震が発生した場合に周辺の地域がどの程度の強い揺れに見舞われるかを示した地図です (震源断層を特定した地震動予測地図)。

 活断層評価等

 地震活動等

 地方自治体等

  • 富山地方気象台
    富山地方気象台のページです。富山県の気象・地震概況や主な被害地震等を閲覧することができます。
  • 富山県
    富山県の「富山防災WEB」です。地震・津波情報や地域防災計画等を閲覧できます。


「中部地方」に戻る

このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する