パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. データベース
  2. 事業報告書
  3. 根室沖等の地震に関する調査研究

根室沖等の地震に関する調査研究

「今後の重点的な調査観測について」(地震調査研究推進本部,2005)の中では以下の4つの目的を挙げて、海溝型地震を対象とした重点的調査観測を行うこととしています。

1.地殻活動の現状把握の高度化等地震発生前・後の状況把握
2.長期的な地震発生時期、地震規模の予測精度の向上
3.強震動の予測精度の向上
4.津波の即時的な予測精度の向上

重点的調査観測の対象としては、将来強い揺れに見舞われる可能性の高い地震として、南海トラフで発生する東海地震、東南海地震、南海地震、日本海溝・千島海溝周辺の海溝型地震と南関東で発生するマグニチュード7程度の地震を候補としています。このうち調査対象域の広い日本海溝・千島海溝周辺の海溝型地震については、宮城県沖地震、根室沖の地震、三陸沖北部の地震を、当面取り組むべき重点的調 査観測対象の優先的な候補としています。

文部科学省では、根室沖等の地震について、平成19年度から研究機関に委託して調査観測を実施しています。



このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する