パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. データベース
  2. 事業報告書
  3. 内陸及び沿岸海域の活断層調査

内陸及び沿岸海域の活断層調査

断層は今後も繰り返し活動し、地震を起こす可能性があるため、地震防災対策上、活断層の活動度や発生した際の地震の規模等を把握することが重要です。
 文部科学省では平成28年度から研究機関に委託して、地震発生確率の評価に資するデータが不足している主要活断層の補完調査と、陸域部の活動履歴や海域部の長さが明らかになっていない主要活断層帯の海域延長部の調査について調査を実施しています。




 

○平成28年度(3断層帯)

断 層 帯 委 託 先
概要 (353 KB) 国立研究開発法人産業技術総合研究所
綾瀬川断層(伊奈-川口区間)(埼玉県) (20,183 KB)
曽根丘陵断層帯(山梨県) (22,980 KB)
長岡平野西縁断層帯(海域部) (131,488 KB)




このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する