パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. データベース
  2. 事業報告書
  3. 糸魚川-静岡構造線断層帯における重点的な調査観測(追加調査)

糸魚川-静岡構造線断層帯における重点的な調査観測(追加調査)

文部科学省では、平成26年11月22日の長野県北部の地震(M6.7)の発生を受け、その地震像の解明や、関係する断層帯の評価の高度化を図るために、糸魚川-静岡構造線断層帯(北部)において、大学等に委託し、平成27年度に重点的な調査観測(追加調査)を実施しました。
 なお、糸魚川-静岡構造線断層帯においては、平成17年度から21年度にかけて重点的な調査観測を実施しています。



このページの上部へ戻る



スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する