パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する

  1. データベース
  2. 事業報告書
  3. 糸魚川-静岡構造線断層帯および宮城県沖地震に関するパイロット的な重点的調査観測

糸魚川-静岡構造線断層帯および宮城県沖地震に関するパイロット的な重点的調査観測

主要な活断層帯や海域において進めてきた、地震発生の可能性等についての長期評価で、糸魚川-静岡構造線断層帯と宮城県沖の2地域は、地震発生の可能性がとりわけ高いと評価されました。地震調査研究推進本部は、この地域について重点的に調査観測体制を整備することによって

・長期的な地震発生時期、地震規模の予測精度の向上
・強震動の予測精度の向上
・地殻活動の現状把握の高度化等地震発生前・後の状況把握

を図ることとし、文部科学省では大学、関係行政機関及び関係する研究開発法人と連携し、平成14年度から3カ年計画で、パイロット的な重点観測を行いました。




このページの上部へ戻る

スマートフォン版を表示中です。

PC版のウェブサイトを表示する

パソコン版のウェブサイトを表示中です。

スマートフォン版を表示する